自動車保険は2008年ごろから毎年、1〜2%の値上げを行ってきました。
みなさんも知らない間に、年間の保険料支払額が増えているのです。

 

その主な理由は?

 

・高齢ドライバーの増加
  →事故率の上昇によって支払額が増加
・修理部品の高騰
  →保管料料の値上げ、部品自体の値上げなど
・不払い問題対応
  →東京海上日動火災保険の不払い問題で支払の見直しが発生

 

これらの理由で、実質コスト高になって
自動車保険が実質的に赤字状態が続いているとのことです。

 

でも、これらの原因を抱えているのは
旧来の損害保険会社が中心で
最近のネット中心の通販自動車保険は
高齢ドライバーが少なく、不払い問題は起きていないので
比較的安価で保健料が済む場合があります。

 

それでも、通販系自動車保険の中でも
金額は大きく変わってきます。

 

そこで自動車保険の一括見積もりを利用して
必要なオプションを付けたときの
保険料を純粋に比較してみてはいかがでしょうか。

 

消費税も上がる中、
保険料の見直しは必須の作業ですヨ!!